東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

安心安全…ルール守って ひらつか七夕まつり 実行委が運営指針を明文化

 第69回湘南ひらつか七夕まつりが7月5〜7日、平塚市のJR平塚駅北口の湘南スターモールを中心に開かれる。実行委員会は新たに、安心で安全な開催に向けた運営指針を明文化し、出店者や来場者にルールの順守を呼び掛ける。

 実行委によると、過去の開催で出店者が道路使用許可なしに営業したり、来場者が夜遅くに路上で騒いだり、七夕飾りを壊したりするトラブルが発生。商店街有志や商工会議所関係者らが注意しても聞き入れてもらえず身の危険を感じることもあったという。

 そこで実行委は安心・安全の確保、各種法令やマナーの順守、環境への配慮などをうたった運営指針を策定。出店者、来場者、飾りの設置者向けにそれぞれ守ってほしい具体的な事項を記したチラシを配布することを決めた。実行委の福沢正人委員長は「これまで根本的なルールがなかった。参加される全ての方に節度ある行動をお願いしたい」と語った。

 今年は約155万人の来場を見込む。スターモールを含む中心街に約500本の七夕飾りを掲げ、元湘南ひらつか織り姫の松本浩代さんらが出場するプロレスなど、各種イベントを実施。昨年に続いて、同市で来年の東京五輪・パラリンピックの事前キャンプをするリトアニアのPRブースを設ける。 (吉岡潤)

◆織り姫衣装 なでしこ色

写真

 平塚市の魅力をPRする湘南ひらつか織り姫の新しい衣装が披露された。市民の花であるなでしこをイメージしたピンクで、レースと、たすきの色に合わせた鮮やかな青いベルトがデザインされている。

 七月の七夕まつりで衣装を着てデビューする瀬尾麗(うらら)さん(21)=写真(左)、平井美紅(みく)さん(25)=同(中)、鈴木夏音(かのん)さん(18)=同(右)=はそれぞれ「ベルトが新鮮」「フレアスカートの形がいい」「レースがかわいらしい」と笑顔。「改めて織り姫に選ばれた実感が湧いてきた」「身が引き締まる思い」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報