東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

新教科書ずらり 川崎市立小で使用 来年度に向け各地で展示開始

小学校の英語教科書などが並ぶ会場=高津区の市総合教育センターで

写真

 川崎市教育委員会は十四日、来年度に市立小学校で使う教科書の展示会を、高津区の市総合教育センターなどで始めた。学習指導要領の改定で教科化される五、六年生の英語を含め、文部科学省の検定を通った各科目の教科書を並べた。各地の展示会は八月七日まで。 (大平樹)

 英語は七社の教科書が検定を通った。話したり聞いたりすることを重視しているのが特徴。掲載したQRコードをスマートフォンで読み込むなどすると、専用のホームページで音声や動画が流れるという。十四日現在、まだ準備中の社もあるようだ。

 市教委によると、展示会の終了後、全科目で採択を行い、使用する教科書を決める。小学校の教科書の採択は四年に一度。本来は昨年行う予定だったが、来年度の学習指導要領全面改定に合わせ一年遅らせた。

 センターの担当者は「子どもが使う教科書がどんなものなのかを親子で見て、各家庭で話題にしてくれれば」と話した。

 展示会の日程は次の通り。市教育会館と東門前小は土日休み。問い合わせは、市総合教育センター=電044(844)3600=へ。

動画や音声が流れるホームページに誘導するQRコード

写真

 ▽〜七月三日 市総合教育センター(高津区溝口)、市教育会館(中原区下沼部)、東門前小(川崎区東門前)▽七月五日〜十日 市教育文化会館(川崎区富士見)▽七月十二日〜十五日、十七日 幸市民館(幸区戸手本町)▽七月十九日〜二十四日 宮前市民館(宮前区宮前平)▽七月二十六日〜三十一日 多摩市民館(多摩区登戸)▽八月二日〜七日 麻生市民館(麻生区万福寺)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報