東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

台風被害 トンガの復興祈り 海老名の小学生、文具贈る

小学生から寄せられた文具(海老名市提供)

写真

 昨年2月に台風の被害を受けたトンガの子どもたちを助けようと、海老名市教育委員会は、市内の小学生約6000人から寄せられたノート2900冊、鉛筆1万6000本、消しゴム1300個を贈る。

 被災直後に海老名運動公園で開かれた県のラグビー大会で、出席していたトンガ政府関係者から内野優市長が子どもの文具などが流された話を聞き、昨年度に市教委を通じて全13小学校の児童に未使用の文具を募った。

 文具には「心を込めて贈ります。大事に使ってください」「復興を願っています」など、子どもたちのメッセージも添付。13日に教育長らが横浜港に搬入し、船で届ける。現地には7月中旬に届く予定で、政府を通じて必要とする子どもたちに配ってもらう。

 トンガへは昨年5月、市教委が市内の小学6年生の保護者に呼び掛けて募ったランドセル269個を文具に先駆けて贈った。市教委教育総務課の担当者は「両国の子どもたちの交流が発展するきっかけにもなれば」と話した。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報