東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

藤沢の児童がアサガオ種まき 8月・江の島のセーリング五輪テスト大会に向け

ソメイティと並んで鉢にアサガオの種をまく児童たち=藤沢市で

写真

 藤沢市立村岡小の児童が十七日、八月に江の島で開かれるセーリングの東京五輪テスト大会に向けて、競技会場の入り口に並べるアサガオを育てるために鉢に種をまいた。

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は大会本番中、競技会場の手荷物検査を待つエリアで入場者の列を仕切る金属製のフェンスに代え、子どもたちが育てた花の鉢植えを置く「フラワーレーンプロジェクト」を企画。本番に先立ち、今夏のテスト大会でも実施する。

 高砂(たかすな)小、八松(やまつ)小を加えた市内三校で計四百鉢を準備する予定で、村岡小は全校で百鉢を育てる。この日は五年生と特別支援学級の児童計約百人に組織委職員が五輪とパラリンピックの大会内容を説明。五輪マスコット「ミライトワ」、パラリンピックマスコット「ソメイティ」も登場し、児童たちは種をまき、水をかける作業を楽しんだ。

 内田郁成(あやなり)君(11)は「毎日水をやろうと思う」と意欲満々。大山優斗君(10)は「きれいに育てて、お客さんをおもてなしできたらうれしい」、古井丸空澄(こいまるそらと)君(10)は「海外から来るお客さんに、待っている間も楽しんでほしい」と語った。藤内(とうない)美穂教頭(46)は「貴重な機会。一生忘れられない思い出になるのでは」と話した。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報