東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

登戸児童ら殺傷 28日に登下校時見守り活動 区内の15小で実施

会議の冒頭にあいさつする多摩署の加藤和男署長(中央)=多摩区の多摩区役所で

写真

 川崎市多摩区で私立カリタス小学校の児童らが殺傷された事件を受け、多摩署と多摩区役所が二十四日、「子どもの安全確保のための緊急会議」の二回目の会合を区役所で開いた。事件発生から一カ月となる二十八日、区内に十五ある小学校で登下校時、見守り活動をすることなどを決めた。 (安田栄治)

 見守り活動は当日、多摩署員や区役所職員、多摩防犯協会、多摩防犯指導員連絡協議会などのメンバーが参加し、多摩署で出発式を行う。

 緊急会議は、初回の会合で毎月二十八日を「多摩区子ども見守りの日」とすることを決めた。区内の小学校には今、署員一人が警戒のため配置されているが、今後、二十八日については二人態勢とし、多摩防犯協会などの協力を得て見守りを強化することにした。年内は夏、冬休みとなる七、十二月の二十八日は活動を休止。九月は土曜日となるため、前日の二十七日に活動する。

 また、今年一月からの不審者情報の発生地点を示した区の地図を、署が情報発信ツール(Twitter=ツイッター)で配信することも決めた。地図は登校時間帯(午前七時〜九時)、下校時間帯(午後二時〜六時)、終日の発生状況を示したものがあり、一〜二週間ごとに更新する。七月一日から配信予定。

 同署生活安全課の亀崎慎一朗課長は「ツイッターは速報性が高く、一般の人も見ることができる。何丁目でこんなことが起こったと伝えることができる。逆にツイッターで市民から情報を寄せてもらうよう呼び掛けたい」と話している。

 緊急会議は今回で終了し、今後は区の「安全安心まちづくり協議会」を主体とし、会議に参加していた各団体と連絡を取り合う。亀崎課長は「この会議で子どもたちのために何をしなければいけないか確認できた。見守りの日を設けて事件を忘れないでやっていこうと、各団体間で意思統一できたのは大きな成果だった」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報