東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「痛恨の極み」知事らに謝罪 逃走許した横浜地検の検事正

黒岩知事(右)に謝罪する中原検事正=県庁で

写真

 横浜地検が収容しようとした男が逃走した事件を巡り、地検の中原亮一検事正は二十四日、県庁で黒岩祐治知事に「このような事案を生じさせ、痛恨の極みです」と謝罪し、事件の検証結果を速やかにまとめ、公表する方針を説明した。

 黒岩知事は「あってはならないこと。二度とこのようなことがないようにしてほしい」と注文をつけ、面談後の取材では「情報の伝達が遅れたのが最大の課題。情報に対する感度のにぶさは大いに反省しないといけない」と強調した。また、検察職員に同行していた県警の警察官の対応について、県として独自で検証していく考えも示した。

 中原検事正は続いて、厚木市役所と愛川町役場を訪れ、小林常良市長と小野沢豊町長にも謝罪した。

 小林市長と小野沢町長は二十五日、地検と法務省を訪れ、迅速な情報共有や事件の検証、再発防止を求める要望書を提出する。 (土屋晴康、曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報