東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

消費増税の10月から使用OK 川崎市、低所得者・育児世帯向け商品券

川崎市が発行するプレミアム付き商品券の表紙見本(同市提供)

写真

 川崎市は十月からの消費税率引き上げに合わせ、低所得者・子育て世帯向けにプレミアム付き商品券を発行すると発表した。一冊五千円分(五百円券の十枚つづり)の商品券を四千円で対象者に販売し、市内の取扱店で使えるようにする。

 市によると、商品券を購入できる市民は住民税非課税者の約二十一万人と、二〇一六年四月二日〜一九年九月三十日に生まれた子どもがいる世帯主の約五万人。対象者一人当たり五冊(二万五千円分)まで購入可能で、子育て世帯は対象の子ども一人につき五冊まで購入できる。

 発行規模は最大で百三十万冊、プレミアム分十三億円を含めて総額六十五億円を見込んでいる。

 市は九月以降、対象者に購入引換券を送る。住民税非課税者には、事前に購入意向を確認するため、八月上旬ごろに申請書を送るという。

 商品券の使用期間は十月一日から来年三月末まで。市は、商品券を使える市内の取扱店舗を募集しており、七月上旬に店舗向け説明会を各区で開くという。

 市はプレミアム付き商品券のホームページとともに、今月二十四日にはコールセンターを開設した。取扱店舗の登録や商品券購入などの問い合わせは、コールセンター=電0570(550)201=へ。 (石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報