東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

糖度 高く甘いよ 高級ブランドミカン「湘南の輝き」出荷

甘みの濃さに加え、見た目も鮮やかな「湘南の輝き」=大磯町で

写真

 大磯と二宮両町でハウス栽培され、豊かな甘みが売り物の高級ブランドミカン「湘南の輝き」の出荷が始まった。冬場の露地物の五倍以上と値は張るが、味と安定した品質から贈答用などとして人気を集める。九月上旬まで三十四トンの出荷を見込む。

 JA湘南ハウスみかん出荷組合の神保正一郎組合長(47)は「味は県内で一番だと思う」と胸を張り、有名な愛知県蒲郡産にも「引けを取らない」とPRする。糖度は平均十三度以上、十五度を超えるものもある。露地物は十二度前後といい、甘さは格別だ。

 前年十一月ごろからハウス内の温度を上げ、二〜三月ごろは最低でも二十五度にして、人工的に夏をつくり出す。同時に節水してストレスを与えることで糖度を高めるという。雨にあたらず、見栄えもいい。

 組合に所属する農家六戸のうち、今年は四戸が出荷する。「非常にいい出来」と神保組合長。大磯町の選果場で事前に糖度を調べ、皮の傷や色なども念入りにチェックし、ブランドイメージを保つ。

 化粧箱二・五キロ入り四千五百五十円、段ボール五キロ入り七千九百円。県内のスーパーやJA湘南直売所あさつゆ広場(平塚市寺田縄)などで購入できる。問い合わせは、同広場=電0463(59)8304=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報