東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

歯と口の健康づくり推進 海老名市、ロッテなどと協定

協定書を交わした3者の代表=海老名市役所で

写真

 海老名市と市歯科医師会、菓子メーカー・ロッテの三者は、歯と口の健康づくりを推進する協定を結んだ。ロッテはそしゃく能力を判定するガムの提供や、口内機能の低下を防ぐ啓発などを通じて市民の健康維持に協力する。

 市は昨年度、六十五歳以上を対象に、歯や口腔(こうくう)衛生の状態などを調べる「オーラルフレイル健診」の受診料助成を開始。本年度は、対象年齢を五十五歳以上に引き下げて実施している。同様の事業を行っているのは、県内では同市のみといい、事業に注目したロッテが、健診を担う歯科医師会に協力を打診した。

 締結式が市役所であり、内野優市長と歯科医師会の鈴木仙一会長、ロッテの芦谷浩明執行役員が協定書を交わした。内野市長は「協定をきっかけに、より高齢者が安心して暮らせるまちづくりを進めたい」と述べ、芦谷執行役員は「市民の健康のために全力で頑張りたい」と述べた。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報