東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ブレイブサンダース2選手が訪問 新城小で「いいね!」笑顔で児童シュート

藤井選手とドリブルの練習をする子どもたち=中原区の新城小学校で

写真

 男子プロバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースに所属する藤井祐真選手と鎌田裕也選手が三日、中原区の市立新城小学校を訪問し、五年生にバスケの楽しさを伝えた。

 ドリブル練習で鎌田選手が「指の腹に力を入れて、前を向いて」とアドバイス。シュートの練習では両選手に「惜しい!」「いいね」と声を掛けられながら、児童たちは盛んにゴールをねらった。

 最後は二選手対児童約十人のグループが順番に試合。仲間の応援を受けながら、積極的にボールを取りに行き、選手たちのディフェンスに負けずシュートを打った。選手の高い位置でのパスや鮮やかなダンクシュート、スリーポイントシュートに大きな歓声が上がった。

 参加した大滝翠那さんは「ブレイブサンダースの試合を見に行ったことがあるけれど、今日の方がずっと楽しかった」と話し、伊東ひな子さんは「すごい練習しているんだろうなと思った」と技術に感銘を受けた様子だった。 (高橋ななみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報