東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<記者だより>民主主義の根幹

 知事選などがあった四月の統一地方選に関わるミスが、相模原市で相次いだ。期日前投票所での投票用紙の誤交付や、六千百二十三人分の選挙人名簿が記録されたUSBメモリーの紛失などが発生。今月に入ってからも、中央区選挙管理委員会が管理する計数機から未集計の知事選の投票用紙三枚が見つかり、ミスは計五件になった。

 同市では知事、県議、市長、市議と全国的に珍しい四選挙を同日に行ったという事情はあった。市選管事務局の担当者は「極めて遺憾で、市民に申し訳ない」と謝罪したものの、そんな通り一遍の言葉で済ませていい状況ではないだろう。原因を徹底的に究明し、抜本的な改善策の提示が求められることは言うまでもない。

 前回四年前も、南区選管で市議選の白票を少なく計上する不正集計があった。選挙は民主主義の根幹。有権者の一票は尊い。その一票をほごにした今回の未集計票の発覚をはじめ、市には改めて事の重大さを認識し、再発防止に努める義務がある。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報