東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

初のマスコット「ロンビーくん」誕生 大磯ロングビーチ営業開始 

「ロンビーくん」と作者の雨貝さん=大磯町で

写真

 大磯町の大磯ロングビーチは6日、今季の営業を始めた。オープニングセレモニーが開かれ、あいにくの曇り空となったが、子どもたちや女性らが歓声を上げて、プールへ駆け込んだ。営業は9月16日まで。

 1957年の開業以来、初めて誕生したマスコットキャラクター「ロンビーくん」もお披露目された。青い浮輪を身に着け、併設の大磯プリンスホテルの名前にちなんで王冠をかぶり、頭は富士山をイメージしている。

 1〜2月に公募し、509点の中から、横須賀市に住むイラストレーター雨貝千絵さん(38)の作品に決まった。この日、来場した雨貝さんは「子どものころによく来ていたロングビーチのゆるキャラを、自分がデザインするなんて不思議な感じ。浮輪はウキウキという意味も込めた。皆、ハッピーになってほしい」と笑顔で語った。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報