東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「日米同盟、強固なものに」 横須賀基地 在日米海軍の新司令官

新司令官のフォート少将(左)と前任のフェントン少将=横須賀市で

写真

 在日米海軍の司令官交代式が十日、横須賀市の米海軍横須賀基地であり、ブライアン・フォート少将が新たに着任した。式典後の取材に「前任者たちが強固にしてきた日米同盟を、引き続き強固なものにしていきたい」と話した。

 新司令官は、米海軍ハワイ管区司令官・中部太平洋海軍水上艦群司令官からの赴任で、日本での勤務は初めて。「来日してまだ二週間だが、人々が非常に友好的で優しくしてくれる」と印象を語った。

 前任のグレゴリー・フェントン少将は米海軍を退役する。二〇一七年六月の着任以降、伊豆半島沖であったイージス駆逐艦の衝突事故の対応や、厚木基地から岩国基地(山口県岩国市)への空母艦載機移駐の実施などに取り組んだ。 (北爪三記)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報