東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「オウムのクチバシ」見頃 小田原フラワーガーデン

オウムのクチバシに見えるヘリコニアロストラータ=小田原市で

写真

 花などの形がオウムのクチバシのように見えるヘリコニアロストラータ(南米原産)が、小田原フラワーガーデン(小田原市)で見頃を迎えた。葉が花弁のように変化した朱色の苞(ほう)や、黄色の花が積み重なるように咲き、幾筋も垂れ下がる。

 温室で四十房以上が開花。平均五十センチほどに伸びる房の一部は九月にかけて一メートル近くに成長し、温室を巨大ペンダントのように彩る。九月一日までの土日祝日に温室に入園した中学生以下の子どもは、無料で綿菓子づくりを体験できる。温室で栽培したミラクルフルーツを食べるとレモンが甘く感じる「不思議体験(三百円)」も通年で実施中。温室入園料は大人二百円、小中学生百円。問い合わせはフラワーガーデン=電0465(34)2814=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報