東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<参院選>今の政治、18歳どう思う? 県内の高3、3人に聞く

 若者の政治への無関心が叫ばれる中、十八歳は何を重視して参院選の投票に臨むのか。桐蔭学園高(横浜市青葉区)男子部の吉原正博さん、同女子部の橋本桜さん、新城高(川崎市中原区)の三竹鼓太郎さんの三年生三人に話を聞いた。 (志村彰太)

 吉原さんは、来年度始まる新しい大学入試制度を問題視。記述式が多くなることについて「基準が分からず、自己採点できない。自分が受験生になった気持ちで政策を考えてほしい」と注文を付ける。

 世界平和の視点も大切にする。途上国に学校を建設するために寄付を募る同校の「インターアクトクラブ」に所属し、貧困や紛争に関心を抱いた。「自分のこと、目先のことばかり考えず、長い目で見た政策を選びたい」と述べる。

 橋本さんは若者の投票率アップのために「オンラインで投票できるようにすれば」と提案する。一方「若者の無関心は政治家にも責任がある。汚い言葉のヤジは、いい気分がしない。失言しても平気で戻ってくる議員もいて、政治に失望していく」と指摘する。

 三竹さんも「疑惑など都合の悪い質問をされ『記憶にない』『秘書がやった』とはぐらかす、国会の不毛な議論」を無関心になる一因に挙げる。「国のためを思って政治家になったのなら、人として正直であってほしい」と願う。ただ、候補者の人柄は選挙期間だけ見ても分からないとして、消費増税や長時間労働など、身近な問題へのスタンスを基準に投票する候補者を決める。

 同世代に向けて、吉原さんは「今の生活に不自由があって文句を言いたいなら、投票して意思表示しよう」と述べ、三竹さんは「自分も最近まで政治に興味がなかった。まずは参加することが大事」と呼び掛けた。

桐蔭学園・吉原正博さん

写真

桐蔭学園・橋本桜さん

写真

新城高・三竹鼓太郎さん

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報