東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

1000万人目は葉山町の大沢さん 江の島サムエル・コッキング苑 

鈴木市長から「1000万人目」の認定証を渡される(左から)川上さんと大沢さん親子

写真

 藤沢市の江の島頂上部にある庭園「江の島サムエル・コッキング苑」の入場者数が十九日、二〇〇三年四月のリニューアルオープン以来、一千万人を突破した。鈴木恒夫市長が記念式で、一千万人目となった葉山町の大沢沙織さん(36)に認定証を贈った。

 苑は、英国の貿易商サムエル・コッキング氏が一八八五年、私財を投じて造った植物園が始まり。その後、市の施設となり、二〇〇三年に江の島植物園が新装された。

 入場者は一三年三月、五百万人を記録。四季折々の行事が人気を集め、ペースを早めて一千万人の大台に達した。

 大沢さんは四月に青森県から移り住んだ。石川県に住む姉の川上千雅(ちが)さん(40)が「江の島に行きたい」と希望。一歳七カ月の長女潤ちゃんを連れて、三人で初めて来園した。花束や一年間有効の入場パスポートなども受け取り、大沢さんと川上さんは「びっくりした」と口をそろえた。

 川上さんは江の島の印象を「天気予報のライブカメラで見ていた通り。中は緑が多くてきれいに整備されている」と表現。大沢さんは「素晴らしい所。今度はもらったパスで夫と一緒に来たい」と笑みを浮かべた。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報