東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

県内開催4競技と「ミライトワ」紹介 ラッピング車両 出発進行

記念式典で発車の合図をする(左から)黒岩知事、鈴木市長、松尾市長ら=藤沢市で

写真

 来年7月24日に開幕する東京五輪まで約1年となり、セーリング会場の藤沢市江の島の近くを走る江ノ島電鉄と湘南モノレールで、県内開催4競技と大会マスコット「ミライトワ」がデザインされたラッピングカーが走り始めた。9月30日まで運行する。

 県が機運醸成のために企画した。車体にはセーリング、サッカー、自転車、野球・ソフトボールの英語表記、ミライトワの競技ポーズ、会場が描かれている。江ノ電の車内には4競技を紹介するポスターも飾られている。

 江ノ電は2両1編成が藤沢−鎌倉間、湘南モノレールは3両1編成が大船−湘南江の島間を終日、往復運行する。

 江ノ電江ノ島駅と湘南モノレール大船駅で21日、黒岩祐治知事、藤沢市の鈴木恒夫、鎌倉市の松尾崇両市長が出席して記念式典が開かれ、黒岩知事は「いよいよ1年後に迫ってきた。機運がどんどん盛り上がることを期待したい」と話した。(吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報