東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

川崎市出身・友風関 記録ずくめの名古屋場所 初の殊勲賞、鶴竜関から金星

鶴竜をはたき込みで破る友風関=名古屋市のドルフィンズアリーナで

写真

 二十一日まで行われた大相撲名古屋場所で川崎市川崎区出身の友風関(24)=本名・南友太、尾車部屋=が最高位の西前頭七枚目で十一勝四敗の好成績を挙げた。十三日目には優勝した横綱鶴竜関に唯一の黒星をつけ、平幕力士が横綱を破る金星を獲得。千秋楽には初の殊勲賞も受賞した。「いろんな運が重なって勝てた。素直にうれしい」と喜びを隠さなかった。

 記録ずくめの場所となった。初土俵から十四場所目での金星獲得は後に大関に昇進した小錦関に並ぶ快挙。幕内で自身最速となる十日目で八勝し、序ノ口デビュー以来十三場所連続の勝ち越しを果たした。

 今場所は大関がすべて休場し、前頭七枚目で本来は対戦しない横綱との取組が実現したのは運の強さでもあった。その初挑戦は、立ち合いで当たり負けしなかった出足の鋭さが横綱の自滅を誘い、潜在能力の高さを証明した。

 しかし、十四日目から残り二日間は本来の思い切りの良さが影を潜めた。「気持ちが入るか入らないかは紙一重。何で入らないのか、人間なんで難しかった」。金星獲得の余韻があまりにも大きく、落ち着かない時間が続いたからだ。

 千秋楽は照強関にあっさり押し出され「おれが零点、向こうが百点。こんな相撲をとっていたら来場所は勝てない」と唇をかんだ。それでも思い直して「この反省を生かしたい」。

 希代の成長株は成功と失敗のすべてを受け入れ、来場所でさらなる高みを目指していく。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報