東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

逃走事件の小林容疑者 覚醒剤使用容疑で、きょうにも再逮捕

 窃盗などの罪で実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした無職小林誠容疑者(43)=犯人蔵匿教唆容疑で再逮捕=が逃走した事件で、県警は二十三日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、自宅に同容疑者をかくまったとして犯人蔵匿罪で起訴された建築業幸地(こうち)大輔被告(38)を再逮捕した。容疑を認めている。

 県警は覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、小林容疑者も二十四日にも再逮捕する。捜査関係者によると、公務執行妨害容疑で六月二十三日に逮捕された後の検査で、小林容疑者の尿から覚醒剤の陽性反応が出ていた。同月上旬〜二十三日に覚醒剤を使用した疑いがあり、「覚醒剤を抜くために逃げた」などと供述しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報