東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<夏の高校野球>日藤と桐光、まず4強

9回表に三塁打を放ち、ベースに滑り込む日藤・牧原選手=横浜スタジアムで

写真

 高校野球神奈川大会は二十四日、準々決勝2試合を行い、日大藤沢と桐光学園が準決勝進出を決めた。二十五日は準々決勝の残り2試合がある。

 鎌倉学園と対戦した日藤は二回表、森田克主将(三年)の中前適時打で先制。六回表に牧原巧汰選手(二年)の本塁打で1点、九回表にも牧原選手の右越え適時三塁打などで2点を加えた。武冨陸投手(三年)が鎌学打線を5安打に抑え、4−1で快勝した。

 七年ぶりの夏の甲子園を狙う桐光は向上から初回に5点奪うなど、終始優位な試合運び。四回以降も着々と加点し、七回コールド13−5で圧勝した。 (福浦未乃理)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報