東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<夏の高校野球>相模原、横浜破る 4強出そろう

5回表中前打で二塁から本塁を狙うも好返球で憤死した横浜・度会隆輝選手(左)=横浜スタジアムで

写真

 高校野球神奈川大会は二十五日、準々決勝2試合があり、東海大相模と、第1シードで4年連続夏の甲子園を狙った横浜を倒した相模原が勝ち上がった。準決勝の日大藤沢−桐光学園、東海大相模−相模原は二十七日に行われる。

 東海大相模は二回表、遠藤成(じょう)選手(三年)の内野安打で先制。その後も山村崇嘉選手(二年)の2点本塁打などで加点し、5−2で逃げ切った。

 横浜と、公立で唯一残った相模原の一戦は終盤にドラマが待っていた。相模原は0−5の七回裏、中野夏生選手(三年)らの連続適時打で5点を奪い同点。八回表に1点を勝ち越されるも、その裏に3点を挙げ、8−6で逆転勝ちした。

 私立に勝つのを目標にしていた佐相真澄監督は「気持ちいいです。60年生きてて良かった」と述べ、準決勝に向け「一勝ずつ、一球ずつを意識してやってきた。次もやることは一緒」と語った。 (福浦未乃理)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報