東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<熱球譜>「監督を甲子園に」夢後輩へ 相模原3年・風間龍斗捕手

写真

 「調子は悪くないぞ。俺を信じて投げてほしい」。一回表無死一、二塁。天池空投手(三年)が2番打者に四球を出した直後にマウンドに駆け寄り、こう鼓舞した。制球が乱れていたエースは投球を立て直し、ピンチをしのいだ。

 一年秋から正捕手。「佐相(真澄)監督を甲子園に連れて行く」と、練習に励んだ。この日の相手は、昨夏の北神奈川大会準々決勝で逆転サヨナラ負けを喫した東海大相模。「先輩たちのリベンジを果たしたい」と臨むも、2点差に迫った直後の八回表、投手陣が相手打線に捕まった。「いつも通り自分の投球をしたらいい」。投手を落ち着かせようと再三マウンドに向かい励ましたが、今春の関東大会覇者の壁は厚かった。

 試合には敗れたものの、チームは創部初の夏の大会ベスト4。新たな歴史を刻んだ。

 「逆境でも諦めなければひっくり返せる。それを横浜戦で証明した」。監督を甲子園に連れて行く夢は後輩に託した。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報