東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<夏の甲子園>きょう決勝「日大藤沢」×「東海大相模」

6回裏 相手捕手のタッチをかいくぐり生還する桐光学園・鈴木智也選手(左)=横浜スタジアムで

写真

 高校野球神奈川大会は二十七日、準決勝2試合があり、日大藤沢と東海大相模が二十八日の決勝に進んだ。公立として唯一、ベスト8に残り、準々決勝で優勝候補・横浜を倒した相模原は、東海大相模の猛打の前に力尽きた。

 桐光学園と対戦した日藤は序盤、菅波靖哉選手(三年)の左前安打などで2点をリード。追いつかれた後の七回表に森田克主将(同)の適時二塁打などで3点を取り、八回表には牧原巧汰選手(二年)の2点本塁打で突き放す。八回裏に3点を返されるも、7−5で逃げ切った。

 東海大相模は鵜沼魁斗選手(同)と西川僚祐選手(同)の2本の2点本塁打で、6回まで4−0と優位に試合を進める。相模原のエース天池空投手(三年)のコーナーを突く丁寧な投球に攻めあぐねる場面もあったが、七回裏に2点を返された直後に一挙7点を奪い、11−2で八回コールド勝ちした。門馬敬治監督は「決勝も目の前のことをしっかりやる」と語った。 (福浦未乃理)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報