東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

JR武蔵小杉駅にホームドア設置 21年度末までに

 川崎市は、二〇二一年度末までに、JR南武線武蔵小杉駅にホームドアが設置されるとの見通しを明らかにした。市が設置経費の一部を補助する。乗降客数が多い他の駅についても、引き続きJR東日本に設置を求める。

 市によると、市内のJR駅にホームドアができるのは初めて。武蔵小杉駅の一日当たりの乗降客数は一八年度、横須賀線も含めて約二十六万人と多く、市はJRに通勤・通学時間帯の安全対策を求めてきた。

 一日当たり十万人以上の川崎、武蔵溝ノ口、登戸の各駅についても、ホームドアを可能な限り早期に設置することで合意しているという。

 東急電鉄は市内十駅のうち八駅で設置を終え、残る二駅も本年度中に設置予定。京急電鉄は、京急川崎駅に本年度中に設置する。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報