東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「フロンターレ色」の郵便ポスト 創立23周年を記念 川崎市内全7区に

選手への応援メッセージを投函する子どもたち=中原区で

写真

 サッカーJ1川崎フロンターレのクラブ創立二十三周年を記念して、チームの歴代ユニホームを模した郵便ポストが、川崎市中原区のJR武蔵小杉駅北口に設置された。記念のポストは他の六区にも一カ所ずつ順次設けられる。

 設置した日本郵便によると、同社が語呂合わせで毎月二十三日を「ふみの日」としていることから、フロンターレ側が協力を依頼。費用はフロンターレが負担した。市内の全区にJリーグクラブにちなんだポストを設置するのは全国初。

 七つのポストはすべてデザインが異なり、マスコットのふろん太やカブレラが描かれたものもある。二十三日、中原区であった除幕式にはフロンターレ中原スクールの子どもたちや、ふろん太らが出席。除幕後、それぞれが選手への応援メッセージなどを投函(とうかん)した。

 フロンターレは富士通サッカー部が前身で、一九九六年に運営会社が創立され、翌九七年にJリーグ入りを目指してプロ化された。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報