東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

浮世絵 踊る!?カフェ 8日、横浜にオープン

関係者向け内覧会でパフォーマンスを披露する白A=横浜市中区で

写真

 浮世絵が舞台上に飛び出してくるかのようなショーを楽しめる飲食店「浮世絵カフェ」が八月八日、横浜市中区の県民ホール六階にオープンする。今後、増加が見込まれる外国人観光客に夜の時間帯も県内に滞在して楽しんでほしいと、県などが企画した。 (志村彰太)

 カフェでは二〇〇二年に結成し、今年四月に横浜市鶴見区に拠点を移したパフォーマンス集団「白A(しろエー)」がショーを披露する。白Aは欧州やアジアなど世界三十カ国での公演実績がある。

 ショーは、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」などを題材にした映像を舞台に投影。メンバーが浮世絵に描かれている人物をイメージした格好をして、映像と音楽に合わせて踊ったり、劇を披露したりする。国籍にかかわらず楽しめるように、せりふはほとんどない。

 会場はもともと、洋食店「英一番館」の宴会場で、県が二千万円かけて改装し舞台などを設置した。六階天井裏からは二月、アスベスト(石綿)が検出され、飛散は確認されなかったものの、カフェ開設を前に念のため封じ込め工事もした。

 七十五席あり、定休の火、水曜を除く毎日午後六時と同八時に公演する。入場料は三千円、三〜十五歳は千五百円。英一番館が提供する料理を別途、注文する必要がある。入場券は白Aのホームページ(HP)にあるリンクから予約するか、当日会場で購入。詳細は白AのHPか、県文化課=電045(285)0220=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報