東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

多摩川はさみ銭湯巡り 下足鍵キーホルダー 川崎市と大田区が連携イベント

写真

 多摩川をはさんで隣り合う川崎市と東京都大田区の銭湯が連携し、銭湯の下足鍵を再現した実物大キーホルダーが抽選で600人に当たるキャンペーンを始めた。9月30日までに両区市内にある銭湯を3回利用し、スタンプを集めて応募する。

 大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会の主催で、両区市の銭湯74軒(川崎市35軒、大田区39軒)がキャンペーンに参加する。

 賞品の下足鍵キーホルダー=写真(主催者提供)=は、大きさが縦11.5センチ、横7センチ、厚さ1センチ。木製の下足鍵の両面に、銭湯を意味する「1010」や湯けむりマークを印字するという。

 「より多くの方に銭湯の良さを実感していただき、特に10〜20代女性の利用を掘り起こしたい」と実行委。問い合わせは、日本電波制作社=電044(722)9343=へ。(石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報