東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

3000人盆踊りでギネス挑戦 18日、富士通スタジアム川崎で開催

フィールド中央にやぐらを設置し、昨年8月に初めて開催された盆踊り=川崎区で(富士通スタジアム川崎提供)

写真

 盆踊りを世界最多の人数で同時に踊り、ギネス世界記録の樹立を目指す催しが十八日、川崎市川崎区富士見の富士通スタジアム川崎で開かれる。現在の世界記録は、大阪府八尾市で二〇一七年九月に認定された二千八百七十二人。これを超えるため、主催する同スタジアムは小学三年生以上を対象に、三千人以上の参加を広く呼び掛けている。 (石川修巳)

 挑戦する世界記録のタイトルは「Largest Bon Dance(最大の盆踊り)」。記録の認定条件として、全員が浴衣姿で草履かげたを履き、同じ振り付けで五分間踊ることが必要。甚平やサンダルでは参加できない。公式認定員がカウントし、踊っていない人が10%以上になると、挑戦は失敗とみなされるという。

 挑戦する曲目は「川崎おどり」。川崎市の政令指定都市移行を記念して一九七四年に作られたもので、市内の盆踊りでは定番曲の一つだ。

 立会人を務める日舞扇乃会(にちぶおうぎのかい)の会主、花柳錦右(はなやぎきんう)(藤嶋とみ子)さん=中原区=が「テンポが速く、東京音頭などに比べて振りも多い」と語るように、難度は高め。当日は午後七時に盆踊りを始めて練習し、同八時から記録に挑戦する。

 富士通スタジアム川崎のフィールドにやぐらを設置し、盆踊りを実施するのは昨年八月に続いて二回目。「盆踊りを開催できる場が減っている」との周辺住民の声を聞いたのが始まりという。担当者の山本秀明さん(29)は「みんなで一緒に世界記録に挑戦する楽しみも共有し、さらに絆を深めたい」と語る。

 参加費は無料。参加人数を把握するため、同スタジアムのホームページで事前に参加申し込みを受け付けているほか、当日参加もできる。問い合わせは、富士通スタジアム川崎=電044(276)9133=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報