東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

市バス値上げ見送り 市長「遺憾だ」 市議会代表質問で

 川崎市議会定例会は十一日、本会議を再開し、自民と共産が代表質問を行った。自民の斎藤伸志議員は、十月一日の消費税増税に合わせて計画していた市バスの運賃値上げを断念した影響や今後の対応を質問。福田紀彦市長は「補助金の取り扱いなど算定基準に対する国の見解が変わり、(値上げの)申請を見送らざるを得なかったことは遺憾だ」と国の姿勢を批判した。

 辺見洋之交通局長も答弁し、車両や営業所の更新など費用が見込まれ、値上げの必要があったと強調。市議会が今年三月に条例改正議案を可決後、市バスの乗車料収入が増加傾向なことから、国は八月二十日に値上げを認めない方針を市に示したことを明らかにした。辺見局長は「料金改定の早期実現に向けて、局一丸となって取り組む」と述べた。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報