東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

相鉄バスと群馬大 ズーラシア周辺で自動運転スタート

自動運転システムが搭載された実験用のバスに乗る人たち=横浜市旭区で

写真

 公共交通の自動運転化を進めようと、相鉄バス(横浜市西区)は十四日、群馬大(前橋市)と自動運転システムを取り入れた大型バスの営業運行の実証実験を始めた。横浜市旭区のよこはま動物園正門−里山ガーデン正面入口間を十月十四日までの金〜月曜に無料で運行する。バス事業者による同様の実験は全国初。 (福浦未乃理)

 路線バスとほぼ同じ大きさの大型バス一台で実施。交通量が比較的少なく、直線とカーブのある片側一車線の道路約九百メートルを時速二十キロで走る。衛星利用測位システム(GPS)と周りの景色や障害物を検知するセンサーを搭載し、走ったり止まったりする。安全面からいつでも手動運転に切り替えられるよう、相鉄バスの運転士も同乗する。

 実験は、将来的な運転士不足を懸念する相鉄バスと、研究を推進したい群馬大の思惑が一致したことにより実現。両者は四月に共同研究契約を結んだ。

 よこはま動物園ズーラシアで出発式があり、相鉄バスの菅谷雅夫社長は「人手を補うため、地域の中で自動運転のバスが走っていることを市民に認めてもらうことが大事」と強調。自動運転を研究する群馬大の小木津武樹教授は「どこが走りやすく、どこが走りにくいか検証し、導入に向けて改善していく」と話した。

 自動運転のバスは、午前十時〜午後四時台に十六往復する予定。各乗車定員は二十五人。問い合わせは相鉄グループ広報担当=045(319)2057=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報