東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

二宮尊徳生家にスプレー落書き 小田原

壁に片仮名で書かれた落書き=小田原市で

写真

 二十日午前六時十五分ごろ、小田原市栢山の市尊徳記念館の敷地内にある県指定重要文化財「二宮尊徳生家」の外壁に落書きがあるのを、同館の警備員が見つけた。小田原署は建造物損壊の容疑で調べている。

 記念館によると、生家は木造平屋でかやぶき。竹製の壁に赤色スプレーで「ケンケイケイビ」などと落書きされていた。夜間は出入り口は施錠するが、敷地内は自由に出入りできる。十九日深夜の見回り時には異常に気付かなかった。落書き被害は初めてという。

 生家は尊徳の祖父が十八世紀中ごろに建てた。一九六〇年に現在地に移設、復元した。室内は自由に見学でき、定期的に囲炉裏(いろり)を囲んで尊徳の偉業を紹介するイベントを開いている。公開中の映画「二宮金次郎」のロケ地になった。

 市は修復方法などを専門家に相談し、防犯カメラ設置などの対策を検討する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報