東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

カジノ誘致、アンケで賛否問わぬ 12月からの市民説明会 横浜市

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を巡り、横浜市は八日、十二月から全十八区で開催する市民向けの説明会で、誘致の賛否を尋ねるアンケートを行わない方針を明らかにした。開会中の市議会決算第二特別委員会で、伊地知英弘政策局長が「賛否を聞く段階ではない」と述べた。

 アンケートで賛否を問わない理由をただした荒木由美子氏(共産)に、伊地知局長は「横浜の現状や課題、IRの制度や効果、カジノ規制、治安やギャンブル依存症対策を説明することが必要」と答弁した。荒木氏は「説明会という以上、賛成・反対も聞くべきだ」と主張した。

 市は誘致表明前の六月、中、保土ケ谷、都筑、戸塚の四区で行った市民説明会のアンケートでも「理解は深まったか」「IRのイメージ」などは尋ねたが、賛否は尋ねていなかった。

 ただ、市民の間ではギャンブル依存症や治安悪化に対する懸念が強いほか、二〇一七年の市長選で「白紙」とし、市民の意見を聞かないまま誘致を決めた林文子市長への反発も大きい。誘致表明後の説明会でも賛否を問わないなら、民意を把握する姿勢に欠けるとの批判が高まりそうだ。 (杉戸祐子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報