東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<東京2020>サッカー公式練習場に保土ケ谷公園 使用チームは未定

天然芝の保土ケ谷公園サッカー場=横浜市保土ケ谷区で(県提供)

写真

 来年の東京五輪サッカー競技で、公式練習場の一つに、県立保土ケ谷公園サッカー場(横浜市保土ケ谷区)が選ばれた。県が発表した。

 使用期間は来年七月十四〜八月八日。使用するチームは大会組織委員会などが、これから決める。

 期間中は周辺エリアも含め、一般の利用はできない。ただし、公園内の野球場は使用可能で、高校野球神奈川大会は保土ケ谷球場で開けるという。

 サッカー競技の会場の一つ、横浜国際総合競技場(港北区)に近く、更衣室、天然芝のサッカー場などを備えていることから、保土ケ谷公園を適切とした。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報