東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

箱根芸者150人と令和の新年祝う あす参加者募集

祝賀会をPRする芸者=箱根町で

写真

 箱根町の芸者を束ねる箱根湯本芸能組合は十五日午前十時、新年祝賀会「華のにぎわい」の参加者を募集する。花柳界では珍しく、一般客も参加できる祝賀会で人気が高い。例年三十分以内に完売する。

 祝賀会は来年一月八日午前十一時〜午後三時半、箱根湯本駅前の湯本富士屋ホテルで開く。箱根の芸者百五十人が勢ぞろいし、長唄や舞踊などを披露。来年の東京五輪・パラリンピックを祝い、東京五輪音頭の演目もある。最後は芸者全員が会場を練り歩き、客も一緒に踊れる。

 箱根が誇る芸者バンド「婆娑羅(ばさら)」も出演する。婆娑羅は型にはまらず、粋に舞い自由奔放に演奏するスタイル。洋楽器や日本の胡弓(こきゅう)もバンドを構成する。

 組合によると、十月の台風19号の後はキャンセルがあったが回復したという。英語が堪能な幸佳(さちか)さんは「令和初の祝賀会を盛り上げ、海外からの観光客も箱根に呼び込みたい」と話す。

 参加費はコース料理付き二万円。先着二百五十人。申し込みは箱根湯本芸能組合=電0460(85)5338=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報