東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

「キャンプ場復旧支援を」相模原市に要望書 台風19号で壊滅的被害

本村市長(左)に要望書を手渡す野呂さんら=相模原市役所で

写真

 台風19号で壊滅的な被害を受け、大半が休業に追い込まれている相模原市緑区の道志川沿いの十一キャンプ場の経営者でつくる協議会が十四日、市に支援を求める要望書を提出した。

 要望書によると、道志川沿いは国内有数のキャンプ場の密集地で、昨年は県内をはじめ首都圏などから年間十五万人が訪れた。台風19号による大雨で川が増水し、敷地を流されるなどの被害を受け、今も復旧のめどが立っていないという。

 協議会の呼び掛け人で、「野呂ロッジキャンプ場」オーナー野呂正人さん(65)らが市役所を訪れ、本村賢太郎市長に要望書を手渡した。野呂さんは「キャンプ場は個人経営が多く、一向に復旧が進んでいない。にぎわいを取り戻せるよう手を差し伸べてほしい」と要請。「音久和(おんぐわ)キャンプ場」オーナーの高井茂さん(69)も「被害が大きすぎてどこから手を付けていいか分からない。わらにもすがる思い」と語った。

 本村市長は「市内有数の観光地と認識しており、一日も早い復旧、復興に向けて国や県とも連携して必ず支援したい」と応じた。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報