東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ヘイト条例案公表 市長「全会一致で可決を」

 川崎市の福田紀彦市長は十五日、定例会見で、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に罰金を科す刑事罰規定を盛り込んだ全国初の条例案を公表した。二十五日開会の市議会定例会への提案を前に、福田市長は「全会一致での可決をお願いする」と求め、市民の総意で成立させたい考えを示した。

 条例の名は「差別のない人権尊重のまちづくり条例」。条例案によると、誰もが、人種や国籍だけでなく、年齢や性的指向など理由を問わず「不当な差別的取り扱いをしてはならない」と定める。その上で、ヘイトスピーチについては、市の勧告や命令に従わず繰り返した場合に限り、五十万円以下の罰金刑の対象になる。

 他にも、差別や人権被害を受けた人を支援するよう市に義務づけるほか、インターネット上でのヘイトに対して市が通信事業者に削除を求めるなど被害者の支援を行うことにする。

 罰則付きの条例制定を求めてきた川崎区在住の在日コリアン三世、崔江以子(チェカンイジャ)さんも、条例案の公表を受けて市役所で会見し「ヘイトが犯罪だと示されていることを心強く思っている。(条例案として)形を持って示され胸がいっぱい」と歓迎した。 (大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報