東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

水運を観光に!横浜で川巡り 社会実験に小型船など20隻

中村川をさかのぼる船団=横浜市中区で

写真

 幕末から高度成長期にかけて横浜市中心部に張り巡らされていた水運を復活させ、新たな観光資源とすることを目指す社会実験「よこはま運河チャレンジ」が16日、市内の大岡川と中村川(途中から堀川)、その沿岸で行われた。小型船など20隻が川を巡り、川沿いの道路には出店が並んだ。

 船団は、JR石川町駅付近の中村川に設けた仮設桟橋をさかのぼった後、大岡川に入り、横浜港を経て仮設桟橋に戻った。橋などから手を振る人たちに、汽笛などで応えていた。

 横浜日ノ出桟橋と仮設桟橋、新たに商業施設ができた新港ふ頭の間では、定期船も限定運航。過去6回は無料だったが、今回は需要を図る目的で500円に。イベントはこれまで「運河パレード」の名前で開催し、主会場は横浜日ノ出桟橋だったが、今回初めて主会場を移した。主催者の「よこはま都心部水上交通実行委員会」は「川沿いにある街と商店街が一体となって、魅力ある地域づくりをしたい」としている。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報