東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

紅のモミジ、苔の緑 競演 箱根美術館

緑のじゅうたんに映える紅葉=箱根町で

写真

 国登録記念物の紅葉の名所、箱根美術館(箱根町強羅)の庭園「神仙郷」の紅葉が最盛期を迎え、行楽客でにぎわっている。今週がピークで今月下旬まで楽しめる。

 渓流や垣根で囲まれた苔(こけ)庭(千九百平方メートル)のモミジは二百本近く、地面を覆う苔は国内有数の百三十種。台風19号による被害はあまりなく、大雨で苔の緑が例年より鮮やかという。

 茶室で無農薬・自然農法の抹茶(七百二十円)を味わえる。作法は問わず、初心者も気軽に参加できる。

 入館料は大人九百円など。お得な抹茶セット券(千三百円)もある。問い合わせは美術館=電0460(82)2623=へ。 (西岡聖雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報