東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

eスポーツで横須賀を元気に 市とIT関連4社 選手育成、大会誘致目指す

無償貸与される機材を前にする三浦学苑の生徒(前列左の2人)ら=横須賀市役所で

写真

 コンピューターゲームの腕を競う「eスポーツ」で地域活性化を図ろうと、横須賀市は4日、IT関連4社と協力し、市内の高校に高機能パソコンを無償貸与する取り組みを始めた。部活動や同好会の設立を支援して競技者を育成し、将来的には大会誘致やイベント開催を目指す。市によると、この分野で自治体と企業が協力し、学校を支援するのは全国初という。 (村松権主麿)

 eスポーツは「エレクトロニック(電子)スポーツ」の略。格闘やサッカーなどのゲームを競い、欧米や中国、韓国では高額な賞金の大会もある。今年の茨城国体では文化プログラムとして初めて行われた。

 市に協力する四社は、半導体大手のインテル、NTT東日本、パソコンメーカーなど。高速、高精細な描画をできるパソコンやディスプレーなどを三年間、一校に最大五セットを無償貸与し、期限後の更新も検討する。

 市内に十三ある高校のうち、三浦学苑(衣笠栄町)と湘南学院(佐原)の二校が市の呼び掛けで導入を決定。他の二校も導入を検討中という。

 この日は、四社の関係者と、三浦学苑の吉田和市(わいち)校長らが市役所を訪問。上地克明市長は「子どもたちの健全育成のツールとしても花を咲かせていきたい」とあいさつした。

 四社のうちパソコン販売店を全国展開する「Project White」の後藤賢志(けんし)社長は「横須賀からeスポーツの新しい流れが生まれたらうれしい」と期待を膨らませた。三浦学苑でeスポーツの活動をする滝沢優弥さん(二年)は「手探りな状況で不安もあるが、大会などに参加し、上位を目指せるようにしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報