東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

絶景 海と山、菜の花同時に 二宮町の吾妻山公園

菜の花の向こうには相模湾が広がる=二宮町で

写真

 二宮町の吾妻山公園で、早咲きの菜の花が見頃を迎えている。十一日には恒例の「菜の花ウォッチング」(町観光協会主催)が開幕し、二月十七日まで週末を中心に町内各所でさまざまな催しが開かれる。

 標高一三六メートルの小高い山にある公園の周辺では約六万株の菜の花が咲く。天候に恵まれれば、山頂からは富士山をはじめ、箱根や丹沢の山々や相模湾も一望でき、例年、多くの人でにぎわう。昨年同時期には県内外から約十七万人が訪れた。

 好天の九日、大磯町から来たパート業の女性(43)は「海と山と菜の花を同時に楽しめる。絶景」と目を細めた。町観光協会担当者は「今年は秋の台風などの影響か、花が小ぶりだが、きれいに咲いている。足を運んでほしい」と話している。

 期間中、町内のスポット七カ所を巡ってスタンプを集めると記念品がもらえたり、地元の飲食店や商店のレシートを集めて応募するとホテルや旅館の宿泊券などが当たったりする。またJR二宮駅前の広場で地場産品の販売や和太鼓演奏などのステージパフォーマンス、知足(ちそく)寺や川勾(かわわ)神社では雛(ひな)のつるし飾り展なども行われる。

 問い合わせは、町観光協会=電0463(73)1208=へ。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報