東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<センバツ甲子園>昨夏の悔しさをバネに 東海大相模 11回目出場

 三月十九日から甲子園球場で開幕する選抜高校野球大会に、県内から昨秋の関東地区大会でベスト4の東海大相模(相模原市南区)が二十四日、選ばれた。二年ぶり十一回目の出場。

 同校によると、同日午後三時すぎ、大金真人校長に吉報が届いたという。これを受け、相模原市の本村賢太郎市長は「昨夏の甲子園での悔しさを知る選手たちが中心となり、強い気持ちを持って、日々積み重ねてこられた努力のたまものと大変うれしく思っている」とエールを送る。

 昨夏の全国高校野球大会で、東海大相模は中京学院大中京(岐阜)との3回戦で敗退。当時の強力打線を残す新チームは県高校野球秋季大会で優勝を飾った。(福浦未乃理)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報