東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ホテルの入り口“クジラ”スイスイ 川崎駅西口5月開業、7メートル超作品展示

「ホテルメトロポリタン 川崎」の2階エントランスに展示される大小島真木さんの作品(日本ホテル提供)

写真

 JR川崎駅西口に5月開業する「ホテルメトロポリタン 川崎」の2階エントランスで、7メートル超の「クジラ」が出迎えることになった。東京都出身のアーティスト大小島真木(おおこじままき)さんの作品。「出会いと物語の始まる場所」をテーマに、若手作家の作品を館内に展示する趣向の一つという。

 運営する日本ホテルによると、この作品は2018年に制作された「世界の家」(縦184センチ、横735センチ)。たくさんの命を食べて生きるクジラをモチーフに、動物の革やアクリル、糸などのさまざまな素材を組み合わせ、循環や共存を表現している。

 開業日の5月18日から8月31日までの予定で、2階エントランスにつり下げる形で展示する。

 若手作家の作品はほかに、フロントやエレベーターホールなどにも、日本画や油彩、織物、版画などを展示する。常設だけでなく、展示作品を年5回入れ替えて、新たな作品との出合いも演出するという。 (石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報