東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ピンク、黄色 線路沿いの競演 三浦で河津桜と菜の花見ごろ

線路沿いの通りで咲く河津桜と菜の花=三浦市で

写真

 三浦市の京急三浦海岸駅周辺にある河津桜が見頃を迎え、ピンクに染まっている。駅から約一キロ離れた小松ケ池公園までの線路沿いでは、植えられた菜の花の黄色が鮮やかなコントラストを演出し、訪れる人を楽しませている。

 今週に入って暖かい日が続き一気に開花。市観光協会によると十四日は七〜八分咲きで、担当者は「満開になると葉が出るので、早めに見に来てほしい」と話す。

 夜間のライトアップは線路沿いが二十七日まで、駅前が三月八日まで。駅前などでは同日まで、地元産の野菜や魚などを販売する「桜まつり」を開催中。問い合わせは市観光協会=電046(888)0588=へ。 (村松権主麿)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報