東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ブレイブサンダース・増田選手がスマホ申告体験 川崎南税務署でパパッと簡単PR

税務署の職員(右)のアドバイスを聞きながら、スマホでの申告を体験する増田選手(中)=川崎市川崎区で

写真

 男子プロバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースに所属する増田啓介選手(22)が、川崎市川崎区の川崎南税務署を訪れ、「スマホで確定申告」をPRした。

 増田選手は「給与収入のある人が医療費控除の申告をして還付金を受け取る」という設定で、職員にアドバイスを受けながらスマホでの申告を体験。戸惑うことなく数分で終わった。

 確定申告は難しいイメージがあったそうだが「ファストブレイク(バスケ用語で速攻)のようにスピーディーにできた。遠征先のホテルからでもパパッとできそう。簡単だったので仲の良い先輩にも電子申告の良さを伝えたい」と感想を話した。

 川崎南税務署によると、電子申告は二〇〇四年に始まった。当初はパソコンからだけだったが昨年からスマホでもできるようになった。期間中二十四時間いつでも行え、税務署に行く必要がないため、利用する人が増えている。

 昨年、川崎南税務署が受け付けた確定申告の56・6%が電子申告だった。

 今年の確定申告期間は十七日から三月十六日まで。同署は「早めの申告を」と呼び掛けている。 (高橋ななみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報