東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

鈴木さんが3選 藤沢市長選、2新人破る

開票作業をする市職員ら=藤沢市で

写真

 藤沢市長選は十六日に投開票され、無所属現職の鈴木恒夫さん(70)が、ともに無所属新人で元県議の加藤なを子さん(61)=共産推薦=と、元衆院議員の水戸将史さん(57)を破り、三選を果たした。投票率は29・27%(前回27・81%)で、過去三番目の低さだった。当日有権者数は三十五万六千五百四十九人。

 鈴木さんは自民、立憲民主など党派を超えた国会議員、県議、市議に加え、地元経済団体幹部の支援を受け、安定した戦いを展開。幅広く支持を固めた。

 選挙戦では、二期八年を振り返り、「総合的な環境づくりによって、子育てしやすいまちとして評価を得ている」と自賛。防災対策や地域包括ケアシステムの推進などの福祉政策、財政基盤の安定を実績として掲げた。

 三期目に向けては、これらの施策をさらに推し進めるとともに、今夏に市内の江の島で東京五輪セーリング競技が開催されることを通じて育まれる「地域力」や「市民力」をまちづくりに生かしていく考えを主張した。

 市議と県議を経験した加藤さんは、村岡新駅建設と周辺整備の中止を訴え、大規模開発の財源を市民の暮らしや高齢者らの福祉、子育て支援の充実に振り分けることを提唱。水戸さんは国政での議員生活、税理士の体験を踏まえ、行財政改革の必要性を強調し、市長給与の半減、小学校給食の無償化などを公約に掲げたが、及ばなかった。 (吉岡潤)

◆開票結果 

当 48,000 鈴木恒夫 無 現<3>

  16,000 加藤なを子 無 新 

  16,000 水戸将史 無 新 

  開票76%

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報