東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

藤沢市長 鈴木さん3選 「少子高齢化に対応の街づくり」 

選挙戦を振り返り、3期目への抱負を語る鈴木さん=藤沢市で

写真

 十六日に投開票された藤沢市長選は、無所属現職の鈴木恒夫さん(70)が、元県議の加藤なを子さん(61)=共産推薦、元衆院議員の水戸将史さん(57)の無所属新人二人を破り、三期目の当選を果たした。十七日、報道陣の取材に応じた鈴木さんは「今まで地道にやってきたことが評価されたのかなと思う」と振り返った。

 三期目に向けて「少子高齢化に対応した街づくりを進める。切れ目のない子育て支援、藤沢型の地域包括ケアシステムの充実に取り組みたい」と意欲を示した。また、江の島がセーリング競技会場となる今夏の東京五輪を「街づくりのひとつの契機」とし「いいレガシー(遺産)ができるようにしたい」と語った。

 投票率は29・27%で、過去最低だった一九八八年の22・39%、四年前の27・81%に次いで三度目の30%割れ。「残念としか言いようがない。(向上のために)市政のアピールも大事だと考えている」と話した。 (吉岡潤)

◇藤沢市長選確定得票

当 59,314 鈴木恒夫 無 現<3>

  25,102 水戸将史 無 新 

  18,946 加藤なを子 無 新 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報