東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

本田五段 敗れる 王位戦挑戦者決定リーグ紅組初戦

本田奎五段

写真

 川崎市出身の将棋棋士本田奎(けい)五段(22)が二十日、大阪市の関西将棋会館で指された王位戦(東京新聞主催)の挑戦者決定リーグ紅組初戦で、豊島将之二冠(29)と対局、惜しくも敗れた。

 本田さんは王位戦初参加で、予選トーナメントを五連勝で突破、リーグ戦に進んだ。この日の対局は、あらかじめ先手番と決まっていた本田さんが得意の相掛かり戦法を採用したが、及ばなかった。

 豊島さんは棋界最高峰のタイトルである竜王、名人を保持。渡辺明三冠(35)=棋王、王将、棋聖=と並んで、棋界最強者の一人。

 本田さんはプロ入りからわずか一年四カ月という記録的な速さで棋王に挑戦、渡辺さんと五番勝負を戦っている最中だ。

 王位戦の挑戦者決定リーグは、予選を勝ち上がった棋士八人とシード棋士四人の計十二人が紅組、白組に分かれて五局ずつ対戦。各組の優勝者が木村一基王位(46)への挑戦権を懸けて、一番勝負の決定戦を行う。 (加藤寛太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報