東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

新型コロナ ウインドサーフィンW杯中止 4月17〜22日 横須賀・三浦大会

昨年のレースの様子=横須賀市の津久井浜海岸で(大会実行委員会提供)

写真

 四月十七〜二十二日に開催予定だった「ウインドサーフィンワールドカップ(W杯)横須賀・三浦大会」について、横須賀市や三浦市などでつくる実行委員会は二十五日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止すると発表した。

 津久井浜海岸と三浦海岸を会場に二〇一七年から毎年開かれ、昨年はファンら約八万八千人が来場。今年は約百人の世界トップ選手によるレースのほか、体験会や飲食、ステージのイベントも予定していた。

 実行委事務局は「昨年までの五月から、風の条件のいい四月に変更しただけに残念。来年の開催に向けて準備したい」と話す。四月末から予定された韓国大会も中止になった。 (村松権主麿)

◆ハマスタ竣工式も 17年から増築・改修

 二〇一七年から増築・改修工事が行われていた横浜スタジアム(横浜市中区)で二十九日に予定されていた竣工(しゅんこう)式が中止となった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。

 横浜DeNAベイスターズによると、昨年三月に右翼側スタンドの増設やバックネット裏の個室観覧席が完成。今回で左翼側スタンドの増設が終わり、観客席は改修前の約二万九千席から約三万四千席に増える。

 スタジアムは今年の東京五輪で野球とソフトボールの主会場。竣工式ではテープカットやフォトセッションが予定されていた。 (杉戸祐子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報