東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

新型コロナ 帰国・接触者相談 24時間受け付け

 県は、各保健福祉事務所に設置している「帰国者・接触者相談センター」の受け付けを、三月一日から二十四時間態勢にする。

 センターは、相談者が新型コロナウイルスに感染している疑いがあると判断すると、態勢の整った医療機関を案内する。現在の受付時間は平日午前八時半〜午後五時十五分で、夜間と休日は守衛室で電話を受けて緊急性が高ければ保健所職員が携帯電話で折り返す対応をしていた。

 三月一日から、夜間や休日は県庁に新設するセンター=電045(285)1015=で応じる。

 センターへの相談件数は二十五日時点で、政令市など独自に保健所を設置している自治体の分も含めて計五千二百三十一件。このうち八十六件は感染の疑いが強いとして病院を紹介した。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報