東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横須賀線・武蔵小杉駅の下り専用ホーム 来月着工、利用は22年度末

横浜方面(手前)に約50メートルずれる形で新設されるJR横須賀線武蔵小杉駅下りホームのイメージ(JR東日本横浜支社提供)

写真

 JR東日本横浜支社は二十六日、横須賀線武蔵小杉駅(川崎市中原区)の混雑緩和に向け、下り専用ホームの新設工事を四月に開始すると発表した。現在は一つのホームの両側に上下線の電車が発着。新たな下りホームの利用開始は二〇二二年度末ごろで、既設ホームは上り専用にする。

 横浜支社によると、朝のラッシュ時などにはホームに上下線が同時に到着し、多くの利用客がホーム上に集中。安全確保のため、発光ダイオード(LED)で電車の接近を知らせる仕組みや、音声で転落防止を呼び掛けるセンサーなどを整備してきた。

 今回のホーム増設は「抜本的な混雑緩和策」と説明。既設ホームの混雑のうち、上り線の利用客が七割、下り線が三割と分析しており、その分、緩和効果が期待できるとみている。

 新たな下りホームは三百十一メートルで、十五両編成に対応。幅員は約五メートルにする。既設ホームよりも、横浜方面に約五十メートルずれる位置になるという。新たな改札口も、川崎市の費用負担で整備される。

 ホームドアは利用開始後の設置になる見通しで、広川隆支社長は「二三年度までに着実に進めたい」と語った。上り専用になる既設ホームのうち、現在の下り線側には柵を設置するという。 (石川修巳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報